真言宗智山派吉祥院珍珠山

2012年の法語

平成二十四年

  • 観想

    観想

    仏をおがむと
    自分が見えてくる
    心に 仏が
    居るのを感じる
    すると いつのまにか
    心は安らいでいる 平成二十四年一月

  • 虚空

    虚空

    いのちも
    こころも
    目に見えない
    手につかめない
    だから
    かけがえがない 平成二十四年二月

  • 生々流転

    生々流転

    このいのちは
    あなただけの
    ものじゃない
    ご先祖さまから
    受けつがれて
    未来へ続いている 平成二十四年三月

  • 尊厳

    尊厳

    生きとし
    生けるもの
    どんないのちも
    尊くて
    その営みは
    おごそかだ 平成二十四年四月

  • 感受

    感受

    目に映る
    耳に聴こえる
    手に触れる
    その瞬間
    あなたの心は
    何を感じている? 平成二十四年五月

  • 感性

    感性

    青葉の色が
    まぶしく
    雨の音が
    やさしく
    感じられるなら
    心はやすらいでいる 平成二十四年六月

  • 施心

    施心

    ご先祖さま
    亡くなられた魂
    すべてのみ魂に
    ほどこすと
    あなたも
    いつかきっと
    ほどこされる 平成二十四年七月

  • 謝徳

    謝徳

    誰もがケンカをする
    争うこともある
    それは当たり前のこと
    大切なのは
    自分から声をかけて
    あやまること 平成二十四年八月

  • 彼岸

    彼岸

    ご先祖さまと
    向き合って
    心を感じ
    魂に触れるとき
    生と死の境はない 平成二十四年九月

  • 調息

    調息

    時には
    ほどほどに
    心にも体にも
    ゆとりと遊びと
    安息を与えよう 平成二十四年十月

  • 独善

    独善

    自分は
    良かれと思って
    やったことが
    相手にとって
    良いこととは
    限らない 平成二十四年十一月

  • 妄執

    妄執

    人はみな なぜ
    ありのままに
    存在するものを
    自分勝手な
    誤解と幻想にして
    見てしまうのか? 平成二十四年十二月